・創始者 矢井清勝
・信者数 250人
・本部所在地 岐阜県岐阜市

教団の沿革

 創始者の矢井清勝は、1925年2月、岐阜県に生まれる。明治大学商学部を卒業し、軍隊に入隊する。戦後繊維事業に手をつけるが失敗。1952年に世界救世教に入信。1973年に、信仰上の対立のため除名を受ける。この間の職業は銀行員だった。その後養蜂、プロパン会社、駐車場の管理など職を転々とした。1981年12月に、「神鏡の里」を立教。1986年に「天子の里」と教団名を変更。

教団の教義

 矢井が神の分身で、神は地上に生きているという。ちなみに矢井は、嘗てアイドルタレントだった岡田奈々の父親である。