※まことの字はhttp://livedoor.blogimg.jp/tan_boh-new_religions/imgs/7/b/7bb440c3.gif(◯の中にゝ)と表記

・創始者 川端善雄会長
・信者数 15,000人
・崇拝対象 http://livedoor.blogimg.jp/tan_boh-new_religions/imgs/7/b/7bb440c3.gif(おおかみさま)
・本部所在地 三重県いなべ市

教団の沿革

 1924年、創始者の川端善雄は、三重県桑名市の官史の家に生まれる。川端は、若くして肺結核や、心臓病などの大病に遭い、長い闘病生活を余儀なくされる。その間、哲学、宗教書などを精読して、信仰に対し強い関心を抱く。1945年、名古屋にて空襲を体験。ここで3度にわたって奇蹟的に命拾いをした。戦争の悲惨さを目にした川端は、平和な世界を目指して「世界協同体」を構想する。戦後、1947年に、「共同体理念の法則」を発案して、1950年5月に伝道団体「愛の道」を創立。この頃から社会活動に従事し、労組や右派社会党、民社党の地元支部の幹部を歴任した。1963年に岡本天明が運営する「ひかり教会」を知って、1967年にその教えを引き継ぐ形で「http://livedoor.blogimg.jp/tan_boh-new_religions/imgs/7/b/7bb440c3.gifの家」を立教する。このhttp://livedoor.blogimg.jp/tan_boh-new_religions/imgs/7/b/7bb440c3.gifとは、○とゝからなる神代文字で、○は絶対無限の和、ゝは神霊、神理を表す。
1973年に宗教法人の認証を受けた。

教団の教義・特徴

 神と人間の一体による絶対的理想世界の実現が目的である。教団は世界協同体を目指しており、宗教のみではなく、政治、教育、文化全てをひっくるめた協同体の理念を提唱している。