・創始者 関口嘉一
・現継承者 関口德髙
・本部所在地 東京都港区
・信者数 178万3080人
・教典 法華三部経

教団の沿革
 創始者・関口嘉一初代会長は、1897年1月15日、新潟県北蒲原郡の酒屋の長男として生まれる。裕福ながらも複雑な家庭環境にあり、小さい頃から苦労が多かったという。
1911年、14才のときに高等小学校を卒業後、東京の銅鉄物の問屋に6年間年季奉公に出た。1918年、志を抱き北海道に渡るが身体を怖し入院、2年足らずで実家に戻って3年間の療養生活を送る。その生活は精神的、経済的にも非常に辛く、元々忍耐強い嘉一が更に鍛えられたという。
1922年に再出発を図った嘉一は、亜鉛板の貨車1輌分の融通をかつての奉公先の主人に手紙で願い出る。そして、彼の真面目な人柄と、働きぶりをよく知るその主人は、快く元でのない嘉一に応じて、資材を送った。これをもとにして嘉一は自転車業を東京にて始めようと上京。半年の間無給で住み込みの修行に入り、独立をうかがっていたうちに関東大震災を迎える。その後、焼け野原となった東京の神田橋で自転車修理の露店を開き、それが当たって暮れには店舗兼住居を構えるまでになった。

 翌年の正月に、実家の計らいで実家近くに住んでいたトミノと結婚。1925年、生後間もない長女をなくし、その後に生まれた長男も病弱だったため、信心深い家庭で育ったトミノは熱心に神仏への信心を始めた。その後新宿へと移り、関口自転車店を開業。1933年10月、店の隣に住んでいた霊友会の信者から入会の誘いをトミノが受け、それが機縁となり嘉一は法華経と出会う。最初はトミノだけ入信していたが、嘉一も先祖供養の功徳に感動し、2ヶ月程で入信を決意。夫婦で断食や塩断ち、水行などの修行を行い、自転車で毎日布教に出かけるなど、霊友会の熱心な信者となった。この時期に、行をこなし法華経を実践しながら神仏に問いかければ、必ず何らかの答えが得られると確信したという。このようにし、嘉一は3年間で約2万世帯を入信へと導き、1935年には霊友会の第六支部の支部長となっていた。

 1938年には店を譲り、夫婦揃って霊友会の本部へと勤め始める。1949年以降、霊友会は金塊を押収されたり、脱税容疑を受けたりなどがあり、常務理事を務めていた嘉一は霊友会の内部改革に取り組んだが、会長に逆に疎まれて、1950年10月30日、嘉一は佛所護念会を立教。発足した当時の信者数は約3万5千人だった。
1953年には東京の白金台に本部講堂を落慶。嘉一の方針は寄付は一切受けないと言う方針だったため、信者からの借入金で建設された。1950年代後半は信者数が最も伸びていた時期と言われ、1960年8月には青年部が結成。嘉一の三男の德髙が部長に就任し、会の組織化も進んだ。同年11月には皇居で行われた園遊会に嘉一・トミノ夫妻も招待された。この年の暮れから嘉一は体調を崩し、翌年の1961年4月7日に他界した。
 その後トミノが二代会長に就任。1990年トミノは他界し、現在は德髙が三代会長を務めている。

教団の教義
 教義は法華経を基盤とし、先祖供養などを説いている。

関連リンク
公式ウェブサイト