・創始者 木原覚惠・覚法親子
・現継承者 木原覚英管長
・信者数 395,535人
・本部所在地 佐賀県三養基郡

教団の沿革
1905年、木原覚惠・覚法親子が、修行霊観中に、「汝この霊地を観得し、光明念佛身語聖宗発祥の霊地として成就せよ。」と、山住まいの神からお告げがあった。その後木原親子は身語聖信仰の布教、根本道場の整備と、隆盛を祈願して、中山一之滝場の霊石で座禅をし、不動三昧の念仏観法修行をして、仏力加被の霊験を得る。1930年4月に「光明寺」を創立し、1940年5月に「本福寺」と名称変更。1975年に「光明念佛身語聖宗」を立教する。1977年2月、宗教法人登記。

教団の教義
真言密教と浄土系の教えの中心に基づき、身語聖念仏で現世に念仏浄土を建設して、過去、現在、未来の三世の安心立命へと導くと説く。

教団の組織
寺院が72、教会が2、布教所が107ある。教師数は1,596人。